道タオー老子道徳経

老子道徳経-第1章-タオーすべてのミナモト

老子道徳経

第1章

 

道の道とすべきは常の道にあらず

名の名とすべきは常の名にあらず

名無きは天地の始め

名有るは万物の母

故に常に無欲にして以て其の妙(みょう)を観

常に有欲にして其の徼(きょう)を観る

此の両者は

同じきより出でて而も名を異にす

同じきをこれを玄と謂い

玄のまた玄は衆妙の門なり

(老子 金谷治著 講談社 書き下し文より引用)

 

「道(タオ)」は

これこそが「道(タオ)」だといって示したり

名付けたりすることのできるものじゃない

言葉で表したり名前をつけたりする前の始源の状態

この領域から天地が生まれ

天地のあいだに万物が生まれた

 

無欲さと純粋さによって

人はその「大元」を観ることができるけど

欲がからむと末端の「現象」しか観ることができない

 

名のない領域―大元

名のある領域―物質や現象

両方とも、同じものから生まれる

 

その同じものー玄のむこうにもまた玄がある

はかりしれない、はるかな深淵の空間

それは、すべてのものが生まれいづる根源の門

万物の源だ

 

神遊りら 訳

 

わたしたちの生は

表層から核心へ進んでいく旅

 

その旅の途上で

名付けられることのできるもの

言葉で表せるものには

あまり力がないことを理解するようになる

 

わたしは

それが生の醍醐味だと感じてる

 

現象や物には

ほんとうは何の力もない

 

なのにわたしたちは

それを生み出すミナモトには目を向けず

現象や物にとらわれつづける

 

でももし

生の体験のなかで

この名付けようのない領域にふれることができたなら

 

そのとらわれから脱出する機会を得るかもしれない

 

この物質世界のうしろにある

実在の領域に触れたなら

 

それは

わたしたちが

何の期待もせず

ただ深く深く

その生を味わい、体験したときにあらわれるものだ

 

そのとき湧き出すちからと至福

それを深く感じられるのは

この現象世界の奥にあって

すべてを生み支えている実在を

全身全霊で感じているからなんだね

 

あそびをせむとやうまれけん

神遊りら