音と声の無限のチカラ

ホンモノの「声」で封印を解除する

🌿〜あるがまま〜の自分軸で人生創造をエナジェティックにあそぶ🌿

🌸癒しの音と数秘のアルケミースペース〜
神遊
kamiyuu〜へようこそ🌸

 

あなたは

人生の岐路に立たされたとき

どうやって選択をしてきましたか?

 

そこまでの重大局面ではなくても

何かを決めなくてはならないとき

何を指標としてきたでしょうか?

 

そのとき

「自分自身の歓びの感覚」を

何よりも頼りにして選択してきたのであれば

自分の人生を自分で選び取ってきたことになります。

いろいろと悩むことはあっても

自分自身を肯定し、イキイキと元氣に生きられているのではないでしょうか。

 

逆に

体裁や無難さや不安回避をもとにした選択が多かったとしたら

表面的にはうまくいっていても、本質は、苦しんでいるはずです。

 

世間体や他人の意見

「人にどう見られるか」が何よりも氣になる人は

自分自身の感覚というものがわからなくなっているかもしれません。

 

「心のままに」という言葉が、とても危ういものに聞こえるかもしれません。

 

何を選んだらいいのかわからず

アタマで考えれば考えるほど、わからなくなる。

 

そしてまた、誰かに決めてもらおうとする。

 

周囲の人は、無責任にいろいろなことを言う。そして、あなたはまた迷う。

 

そんな繰り返し、迷いの道をこれ以上、さまよい歩きたいですか?

 

思考のループを回り続けることが

どれだけ私たちの生命力を奪っているか、考えた

ことがありますか?

 

右と左、別れ道があります。

あなたは迷います。

「どちらが正しい?どちらがより私にとって利益がある?」

実は、どちらの道も大した違いはありません。

 

重要なのは、あなたが自分で決めたかどうか。

自分軸で選び取った未来かどうか、ということだけです。

 

私たちは

今この瞬間ごとに未来を選び取っていますが

その選択肢は

1グーゴル(10の100乗)あると言われています。

 

その無限の選択肢の中で

AかBかの二つの選択肢しかないと思い込んでいること自体

滑稽な感じがします。

 

「今ここ」の自分の波動が未来を決めることは、何度もお話しましたよね。

 

「自分の感覚を信頼する自分軸の私」

「自分自身を信頼できない他人軸の私」

このふたつの波動を感じてみてください。

 

自分軸は、今ここにしっかりと根ざし

瞬間ごとに応答しうる柔軟性があり

無限の可能性に開いています。

 

一方、他人軸は

どっちつかずの日和見主義。

無限に広がる可能性に氣づくことなく

狭くて無難な保身の道を選ぼうとします。

 

でも、自分の感覚がわからない

自分を信頼することなんてできない

だから、誰かに、何かに頼らなくちゃいけない。

 

そういう人は、自分の感覚を思い出してください

その感覚は、あなたの中にもともと備わった質です。

 

それを、本能と呼ぶのかもしれません。

 

声を発してください。

自分の内に閉じ込めてきたものを、声をつかって、発してください。

 

本当の自分の声を、聴いてください。

 

今まで怖くて言えなかったこと

認めたくなかった自分自身

どんなことでもいい。

 

とにかく、あなたの声をつかって、洗いざらい発露させてほしいのです。

 

美しく装わなくていい。

 

あなたは、この世界で美しくふるまうために、自分自身にふたをしてきました。

そのふたが開いたとき、うめき声のような声が出るかもしれません。

獣のような、野性的な声が出るかもしれません。

嗚咽が湧きおこり、涙があふれるかもしれません。

 

何が出てもかまいません。

かまわないのです。

それこそが、ほんとうの美しさです。

 

あなたが生命力にあふれるためには、偽りの自分との決別が必要です。

そのために、声を出し続けるのです。

 

はじめは、恨みつらみ、後悔、あらゆるネガティブな感情が

言葉となってあふれてくるかもしれません。

 

そして、それを出し尽くしたあと

あなたは自分自身の深みに押し込めてきた「核」に触れることになります。

 

それは、おそらく言葉にはなりません。

それは、氣が遠くなるほど長い間

あなたの中に押し込められてきた「音」の集積です。

 

すべてをさらけ出し、その音を、解放するのです。

それは、封印の解除のようなものです。

 

もう、あなた自身を閉じ込める必要はなくなりました。

あなたは、本来のあなたとして生きてもよいのです。

 

声は、あなたのいのちを輝かせるいぶきです。

あなたのたましいのウタを

あなたの中心から

あなたの声でつむいでください。

 

そのとき、私たちは

自分自身が「よろこびの源泉そのもの」であったと

氣づくのだと思います。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

神遊りら