創造のアルケミー

いちばんシンプルでいちばんパワフルなこと

創造の音霊⭐︎サウンド⭐︎アルケミースペース〜神遊kamiyuu〜へようこそ。

前回の投稿から、ずいぶんと時間が経ちました。

その間、多くの体験がやってきて、大きな変容と手放しの機会を何度も得ました。

 

本当に、新しくなるのに終わりはないですね。

私たちは日々、新しく生まれ続けています。

そして、そのスピードは、どんどん勢いを増しています。

 

私は、人の話を聴き
人の身体に触れ
人の心に触れる仕事を
細々とですが、数十年やってきて

その間ずっと
『人も自分も、楽にイキイキと生きられるようになって欲しい』
と思い続けてきました。

 

でも
『楽に生きたい』という願いの根っこには

『生きる苦しみから解放されたい』という強い想いがあります。

 

『この世を、苦しみの場所にしているのは、自分自身』

いろんな人がいろんなところで言っていることです。

私もこの、『苦しさからの解放』のため、多くの本を読み、偉い人の話を聴き、先生や聖者と呼ばれる人にも会ってきました。

確かに、その人たちとのご縁のお陰で、たくさんの氣づきを得ることができて

自分自身を縛っているものからの解放がされてきました。

 

でも、結局ここにきて一番大きかったのは

『この、カラダをもった意識としての自分以外は、何も存在していない』という内側から湧いてくる実感でした。

 

自分自身の中にある、ほのかな灯

それ以外に、頼るべきものはないということに。

 

ああ、そんなことは知ってるよ、と言う人はたくさんいます。

知識として、知っている人はたくさんいます。

 

色即是空、空即是色、この世はまぼろしであると。

自灯明、内なる光を信頼せよ、と。

 

でも、その頭で知っていることを、実際に生きている人には、なかなか会えません。

 

私も、何度か、この世は幻想である、ということを知らされる体験をしましたが

この世界で普通に生きていると、この幻想を自分で生み出していることをすぐに忘れてしまいます。

自分で生み出した幻想に取り込まれ、その中で喜怒哀楽の感情に翻弄されてしまう。

 

もういや!こんな世界は見たくない、だから変えよう!

って、変えようと何度も試みたけど

『イヤだ、嫌いだ』という波動からは
『いいなぁ、好きだなあ』という世界を生み出すことはできません。

自分をコントロールして、『いいなぁ、好きだなあ』と思い込ませようとしても、殆どは失敗します。

 

そもそも

『頑張って良くしよう』とするのは、『強制』のエネルギーです。

この世が幻想だと本当の意味で知っているのなら

自分が観ている世界を良くしようとして、変わりなさい、と、自分や周囲に強いることは、ホント無意味ですよね。

 

この世を良くしたい

人のために生きたい

愛と笑顔に溢れたい

そんなことを、ずっと、願ってきました。

でもそれは同時に
そうできない自分、そうでない人、そうでない世界を
無理にでも変えようとする矯正、強制であったことにも

今は氣づいています。

今、見えている世界がどうであろうと

それが、自分の美や理想にそぐわないものであろうと

今、『それでいい』と思うことができていること

このスペースにいられることに感謝です。

 

『美しく、良くあるべき』と自分を強いることをやめて

ただ、今ある世界のあるがままに、くつろいで生きていけたらいいと

 

こんな単純な、こんな普通な願い

そんなのつまらない、ってずっと思ってきたけど

 

目の前の世界が混沌としていても

自分の内面がザワついていても

くつろいでいる自分

それ以上に、力強いこと、エネルギーに満ちていることなんて
他にないんじゃないかな。

 

このくつろぎのスペースからなら
自分の中心が求める世界をつくっていけるんじゃないかな。

無限の、喜びの世界を。