ゼロポイント数秘

愛されたい、とつよく願う人へーゼロポイント数秘6

🌿〜あるがまま〜の自分軸で人生創造をエナジェティックにあそぶ🌿

🌸音と数秘のアルケミースペース〜神遊kamiyuu〜へようこそ🌸

 

自分は愛されていないと感じる

人のために尽くしすぎてしまう

あるいは、責任感や義務感が人一倍強い

場の乱れを調和させたいとがんばってしまう

 

そんな思いがつよくて人間関係に疲れている、、という人に

今日の記事は特に読んでいただきたいと思います。

 

人を愛し、人に尽くすことは

自分の内にある愛を拡大させます。

それは、この上ない幸福感をもたらします。

 

でももし

人を愛し、人に尽くしたいという想いが

愛されたい、尽くされたいという欲求から生じているとしたら…?

 

それは、期待を前提とした

見返りを求める

ギブ&テイクの関係性になってしまう可能性があります。

 

今日は、数秘6のお話です。

6は、「関係性」の数。

数秘の本質は

『与える愛』『見返りを求めない無条件の愛』です。

⇒数秘6についてはこちら

 

ただ、数秘に興味がなくても

数秘チャートの中に6の数字をもっていないとしても

 

私たちは日々、個人周期数として

また、他者とのかかわりの中で

すべての数字のエネルギーを生きています。

 

すべての数字は、あなたに関係するものです。

ぜひ読んでみてくださいね^^

 

 

さて、「愛」「期待」「見返り」

大体の場合

これらは、私たちの心の中で

さまざまなカタチをとりながら絡み合っています。

 

「あなたのことを私はこんなに大切に想っている。

さあ、私の愛を受け取って。」

「これだけエネルギーを注いだのだから

私の愛は報われるべきなの」

私たちは、日常生活の中で、こんなやりとりを

どれだけやってきたでしょうか。

 

期待と見返りに裏付けられた

ゆがんだ愛のカタチ。

これは、誰の中にもみられることですが

数秘6を持つ人は、特に顕著に表れる質です。

 

私たちは

あるがままの自分の状態ーゼロの状態のとき

自分の行為に対して見返りを求めることをしません。

 

ものごとを良くしようとするのでもなく

ただ、与える喜び

そうしたいから、そうするという

とても自然な状態から機能するのです。

『あなたのためを想って』という言葉に氣をつけてくださいね。

この言葉を吐くとき

その人はだいたい、相手のことを想っていないから。

 

自分の心地悪さを解消したい

自分が安心したい

承認を得たい

動機のすべてがそうではないにしろ

そういう想いが混ざっているとき

 

その人は、自分も人も大切にしていないし

その人自身の本心

ー「ハートの真実」に背き、妥協していることになります。

 

「自分を大切にする」「自分を愛する」ということは

どういうことでしょうか?

 

自分がほかの何よりも大事で

自分を一番に守りたいと思っているときですか?

そうして

自分を心地よいセーフティゾーンに置いておくことでしょうか?

 

うーん

そうではないですよね?^ ^

 

それは、本当の意味で自分を愛してはいない

甘やかしているだけ^ ^

 

本当のあなたは、そんなことを多分望んでいませんね。

 

私は

「ほんとうに自分を愛する」ということは

「誰からも愛されなくても幸せ」

と、感じていられる状態だと思っています。

 

ちょっと極端というか

究極的に聞こえるかもしれませんが

 

自分以外の誰からも愛される必要性はない

という状態です。

 

「愛されたい」

「愛されているという確信がほしい」

という想いが強すぎるとしたら

 

あなたはハートの真実を犠牲にして

相手や社会から対価を得るという

交換条件を突き付けているかもしれません。

 

「愛に見せかけたもの」をエサに、釣り針を相手に引っ掛け

自分の望む「愛」を相手から引き出そうとするように。

そんな関係性に、相手はくつろぐことはできないのです。

 

こんなにあなたのために尽くしているのに…!って

感情を波立てて訴えたとしても

相手は

あなたの「みせかけの愛」を受け取りたくないはずです。

 

 

親との

子との

恋人との

友人との

そしてまず第一に、自分自身との

あらゆる関係性は

通常の場合、どこか歪みながら

バランスをとっていることが多いです。

 

歪んだまま、なんとなくうまくいっている関係性は

ハートの真実にしたがう選択をしたとき

いずれ破綻を迎える可能性を多くはらんでいます。

 

そして、破綻するとき

一時的に、衝突し、混乱するかもしれません。

 

でも、心配無用です^ ^

その衝突や混乱は

さらにすばらしい関係性を開く新しい扉ですから。

 

 

ハートの真実をとじこめたまま

「妥協」や「手軽な幸せ感」という

ねっとりとした潤滑油に浸されて

甘苦い人生を生き続けることもできますが

 

そういうやり方は

もう、ちょっとしんどくなりそうです。

これからは、あらゆるウソがつけない時代になりますから。

 

6という数字は、母の愛。

だからこそ、どんなことをしても

愛、調和、安心を関係性にもたらしたい。

それは切なる想いです。

 

 

でも、それがかえって

相手を束縛し、苦しめている可能性があるかもしれない

そうした視点を持つことが必要かもしれないのです。

 

相手のために、と言いながら

自分の苦しさを解消しようとしていませんか?

 

愛や調和を追い求め

エネルギーを浪費し続けることをもうやめましょう。

 

6は慈母の愛。

6の人は、真実の愛を知るために

関係性において、あらゆる困難にぶち当たるでしょう。

 

でも反面

『真実の愛の関係性』という

最高の歓びに満ちた人生を

味わえる可能性を持っているのです。

 

あなたのハートが本当に望んでいることは何ですか?

愛がほしいと願うのなら

まず自分のハートを愛で満たしてください。

はじめはその意味もやり方もわからないかもしれませんが

 

あなたのハートの声に耳を傾けてください。

 

うるさいアタマの中の声ではなくて

一切のジャッジのない

とても微かであたたかい

囁くような

それでいて全身に響き渡るような声

それがハートの声です。

 

愛されるために

外側に働きかけることは必要ないのです。

 

あなたのハートが求めることを

自分自身にゆるしてください。

そうして

自分を愛しつくすことによって

あふれた愛が、周囲へと広がっていくのです。

 

自分と他人を切り離しているうちは

ハートに愛が満ちることはない。。

人に与えることが自己犠牲だと感じているのなら

それは

他者と自分は別物だと

バッサリと切り離しているせいかもしれません。

 

自分のハートから愛があふれると

「人に与えることは自分自身の喜びだった」と氣づきます。

すると

与える愛の喜びがあふれだすのです。

 

目の前にいるこの人に

私が与えられる愛は、なんだろう?

 

関係性に迷ったとき

私がハートにいつも問いかける言葉です。

 

 

神遊りら