創造のアルケミー

この世が劇場ならば

🌿〜あるがまま〜最強の自分軸で人生創造をエナジェティックにあそぶ🌿

🌸音と数秘のアルケミースペース〜神遊kamiyuu〜へようこそ🌸

 

かなり前の話になりますが

「過去生」というものにとても興味があった時期がありました^ ^

 

王さま、戦士

シャーマン、巫女

奴隷、物乞い

その他もろもろ

 

そうした記憶のカケラを想い出し、それに浸り

ああ、自分の今はこういった過去生から影響されているのだ

という氣づきによって

ずいぶんと楽になりました。

 

よく

私は過去生でこんなに酷い目に遭わされたから

と言って

そのときの感情を持ち越している人がいます。

 

それはきっと辛い体験だったのだと思います。

思い出すだけで、カラダが硬直してしまうような。

 

でも、そういう人は

今の自分の状態を、過去のせいにして

変わろうとしないのではないかな

と思うのです。

 

過去生において、私はプリンセスだったとか、大恋愛をしたとか

嬉々として語る人もいます。

そういう人は

今ここの自分の人生のつまらなさから脱け出すために

過去に想いを馳せます。

 

そもそも

その過去生というものも存在するかしないか、わかりません。

私たちは、自分のいいようにこの世界を観ます。

すべては、解釈です^ ^

 

過去生で、王さまや乞食を演じていたという事実も

今ここ、の自分がつくり出したファンタジーかもしれません。

そして

今、ここに意識を結んでいる自分ですら、ファンタジーかもしれません。

 

ああ、今がつまらない

でも自分は変われない

変わりたくない

変わるのが怖い

変わるのは面倒くさい、、

 

もしかすると

そんな想いから過去生をつくり出しているのかもしれません。

 

過去生のことを語るとき

あなたの心は、軽くなりますか?

 

もし、重くなるのであれば

過去生という記憶をつくりあげることによって

変化という進化を避けているのかもしれません。

 

あらゆる役柄は

私たちが何者かに氣づかせるためのものです。

過去生という役柄は

もはや、いまのあなた自身に何も影響を与えることはありません。

 

過去に王さまや女王であったとしても

今のあなたは、そのときよりもずっと大きな存在になっています。

 

なぜなら

あらゆる生は、単なる役柄だった

あなたはすでに氣付いているからです。

 

その役柄の中に埋没せず

その役柄を自由に選び取ることができる

無限の存在だということに

今、氣づいているからです。

 

今ここ、のあなたは、今まで経験したどの生よりも

偉大な人生を生きることになるのです。

 

それは、自分が何者であるかに氣づいている

今生という舞台。

その上で、この人生劇場を遊ぶのです。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

神遊りら