道タオー老子道徳経

老子道徳経-第6章-セクシャリティの解放

老子道徳経

第6章

 

谷神は死せず

是れを玄牝と謂う

玄牝の門

是れを天地の根と謂う

緜緜として存するが若く

これを用いて勤(つ)きず

(老子 金谷治著 講談社 書き下し文より引用
 ※一部漢字を平仮名で表記)

 

谷の女神は死なず

いのちを生み出しつづける

すべてが生まれる玄の門

天地の根源に達する門

そのおぼろげでありながら

湧き出るいのちのエネルギーは

滾々として尽きることがない

神遊りら 訳

 

タオは、女性性だ

 

女神たる女性に備わった

玄牝の門は

いのちをうみだし

そのエネルギーは尽きることがない

 

本来、女性は

その存在のままにあれば

何も必要としない

 

すべてを生み出す空を

備えているから

その玄妙な領域に至るとき

封じ込められたエネルギーは解放される

 

性エネルギーの解放は

いちばん早い方法かもしれない

でも、わたしたちは「性」にうしろめたさを感じる

 

性のエネルギーをゆがめることで

女神性は封じ込められてきた

 

わたしたちから搾取したいエライ人たちは

わたしたちに元氣になってもらっては困るからね

 

女性がその本分を生きることは

この世界そのものを

エネルギーに充ちたものにする

 

あなたのエネルギーが向くままに

衝動のままによろこびのままに生きることが

世界全体のよろこびなんだ

 

セクシャリティは、外界を受け容れるチカラ

女性が男性を受け容れ

ひとつになることは聖なる性だ

 

あなたが

ありのままの姿をさらけだすのを

エクスタシーに充ちるのを

みんな待ってる

 

 

あそびをせむとやうまれけん

 

神遊りら