道タオー老子道徳経

老子道徳経-第2章-この世の縛りから自由になるために

老子道徳経

第2章

 

天下皆、美の美たるを知るも

これ悪のみ

皆、善の善たるを知るも

これ不善のみ

故に

有と無と相生じ

難と易と相い成り

長と短は相形(あらわ)われ

高と下と相い傾き

音と声と相い和し

前と後と相い随(したが)う

是を以て聖人は

無為の事に処り

不言の教えを行う

万物焉(ここ)に作(おこ)るも

而も辞(ことば)せず

生ずるも而も有とせず

為すも而も侍(たの)まず

功成るも而も居らず

夫れ唯だ居らず

是を以て去らず

(老子 金谷治著 講談社 書き下し文より引用)

 

 

人びとは

美しいものを美しいと認識することを

当たり前だと思ってる

でも、そう決めつけることが

実は醜いことかもしれない

 

善いことを善いということに

疑問を抱くこともない

でも、善だと決めつけるところに

善とは反対のものが生まれる

 

美しさがあるから

醜さがある

善があるから

不善がある

 

有は無があってこそ

無は有があってこそ

それぞれを相手として生まれる

 

難しさと易しさも

互いに相手があるから成り立つ

 

長いがあるから

短いがあり

高いがあるから

低いがあり

音も声も

それぞれのトーンがあるから

ハーモニーになる

 

前、後ろも

お互いがあるから

順序づけできる

 

それを知っているタオの人は

どちらか一方に決めつけたりしない

 

ムリに事を起こそうとせず

自然にまかせ

「無為」に身をおき

言葉や概念という

表面的なもので

浅はかな表現をしない

 

さまざまなことが起こっても

それについて語ったり説明したりせず

なにかを生み出しても

自分がやったと威張らない

おおきなしごとをしても

それをよすがにすることもない

 

成功しても

その栄光に居すわることもない

だからこそ

その栄光が奪われることもない

神遊りら 訳

 

わたしたちが住んでいるこの世界は

相対性の世界

天と地がわかれ、生まれた世界

 

「美しい」があるから「醜い」が

「難しい」があるから「易しい」が

「長い」があるから「短い」が

「高い」があるから「低い」がある

 

すべての決めつけは

相手があって成り立つことだ

 

比較の対象がなければ

言葉で表現することはできない

 

たとえば

「温度」というものさしがあるとする

0度というと、わたしたちは

「冷たい」と定義するけど

絶対零度-273℃と比較すれば

氷点の0度はとてつもなく熱い

 

ほんとうは

すべてが相対的であって

絶対的なものじゃない

 

この世の多くの人びとが

「そうだ」と認めている取り決めごと

それを

わたしたちは絶対的なものだと

信じ込まされてる

 

音や声も

どの音が美しいとはいわない

あらゆるトーンが調和して

美しいハーモニーをうみだす

 

すべては

相手があって成り立つことだ

 

それがわかるようになると

美しいとか醜いとか

善いとか悪いとか

ことさらに言葉にすることがなくなってくる

 

それは

「現れ」のひとつの状態だと想えてくる

 

この世界は

なんとなく、とか

曖昧なままにしておくことを嫌う

白黒ハッキリつけることが

潔いという風潮がある

 

でも

「解釈し、決めつける」ことによって

わたしたちは

すごく大事なものを切り捨ててるんじゃないかな

 

「名付け、決めつける」ことによって

無限に入ってくるエネルギーを

遮断してしまっているのではないかな

 

「わたし」がやった、

「わたし」の成果だ

というから苦しくなるんじゃないかな

 

ここは

何にでもラベルを張りたがる

「名のある世界」

 

善いひと、悪いひと

優しいひと、非情なひと

美しいひと、ブサイクなひと

デキるひと、デキないひと

立派なひと、取るに足らないひと

 

わたしたちはさんざん

この世界のラベリングによって

苦しんできたんじゃないかな

 

ラベルを貼る、貼られる

生き方をやめてみたらどうか?

自分自身にも他人にもラベルを貼るのを

やめてみたらどうか?

 

すべては

ラベルのない世界から生み出されているのだから

 

ラベルを貼りたければ貼ればいい

それはひとつのあそびだ

きっと愉しい

ただ

自分がほんとうに貼りたい

自然なラベルを貼ろうね

 

わたしたちにはもともと

その自由が与えられているんだ

 

あそびをせむとやうまれけん

神遊りら