最光最強~あるがまま~

ゆたかさは自然な状態

🌿最強の自分軸でお望みの人生を創造する🌿

創造の音だま🌸サウンドアルケミースペース〜神遊kamiyuuへようこそ🌸

 

昨日は、おうし座新月でした。

太陽がおうし座に入る時期は

新緑が芽吹き、太陽のエネルギーが高まる美しい季節です。

無理なく、あらゆるものがエネルギーに満ち溢れ

地球のゆたかさや恵みをひしひしと感じられるときです。

 

太陽星座がおうし座の人は、

この世的な幸せを手にしやすいと言われています。

 

おうし座の支配星は金星ということもあり

自然な流れに乗っていれば

この世のあらゆる美しさやゆたかさを享受できるのです。

 

本来、私たちは、自然な流れにのれば

自然とゆたかでいるようにできています。

その自然な流れをとめてしまうのは自分自身。

 

話は変わりますが

ウチの庭には10年ほど前に、勝手に生えてきた木が1本あります。

名前はしりません^ ^

この木は常緑樹で、冬も葉を落とすことはなかったのですが

今年の冬はすべての葉がおちて、丸坊主になって枯れ木のようになってしまいました。

 

もう、この木は寿命なのかしら、、と思っていると

4月になると小さな新芽を出し始めたのです。

 

死んだと思っていた木が、再誕生した!

と、すごく嬉しくなりました。

 

すべての葉をおとして

新しくなった木は、今までで一番輝いてみえます。

名前も知らない雑木ですが

美しい黄緑色のみずみずしい葉を見るにつけ

こちらがエネルギーで満たされるのを感じます。

 

樹木は、自ら葉を落とし、エネルギーを蓄え

新しい芽を出します。

花々は一斉に開きます。

 

 

誰に教えられるわけもなく

新芽も花々も

自然とそうなるときを知っている。

 

人間だけが、自分の本質を忘れてしまいがちなのです。

いつ種を蒔くのか

いつ芽をだすのか

打って出るときか

ただ待つときか

内省するときか

実りの収穫のときか

すべてをあきらめるときか

 

でも、私たちは、ホントは知っている。

 

その『知っている』スペースに、委ねてみましょう。

 

私たちは、自分自身でありさえすれば

『最適なとき』に『最適な状態』を体験することが当たり前になるのだから。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

創造のアソビスト 神遊りら