道タオー老子道徳経

老子道徳経-第13章-自分を慈しめば…

老子道徳経

第13章

 

寵辱(ちょうじょく)には驚くが若(ごと)し

大患を貴ぶこと身の若くなればなり

 

何をか寵辱には驚くが若しと謂う

寵を上と為し、辱を下と為し

これを得るに驚くが若く

これを失うに驚くが若し

是れを寵辱には驚くが若しと謂う

 

何をか大患を貴ぶこと身の若しと謂う

吾れに大患有る所以(ゆえん)の者は

吾れに身有るが為めなり

吾れに身無きに及びては

吾れに何の患い有らん

故に身を以てするを天下を為(おさ)むるよりも貴べば

若(すなわ)ち天下を托すべく

身を以てするを天下を為(おさ)むるよりも愛すれば

若(すなわ)ち天下を寄すべし

(老子 金谷治著 講談社 書き下し文より引用)

 

人に誉められるか、けなされるか

みんなそれを氣にしすぎて不安でたまらない

名誉とか財産のことばかり氣にかけて

名誉や財産=自分だと思い込んでる

 

褒められるか、けなされるか

評価されるか、侮蔑されるか

そんなことばかり氣にしているのはどういうことだろう

 

認められること、愛されることだけが良いことで

屈辱を受けることは悪いことと決めつけて

うまくいくかどうか不安でびくびくしている

だめになるかも、失うかもしれない、と心配でたまらない

 

名誉や財産を重んじすぎて、心配ばかりして

それを自分自身だととらえているのは

どういうことだろう?

わたしたちが思い煩うのは、カラダがあるからだ

わたしたちにカラダがなければ、心配なんてできない

 

自分のカラダは、何を望んでいるのか

どうしたいのか、聴いてみよう

まず自分のフィーリングを大事にする

そういう人に、周囲は味方する

 

本来のピュアな自分をいたわり

愛せる人が

大いなるタオにつながることができるんだ

 

神遊りら 訳

 

アドラー心理学の「嫌われる勇気」という本は

ほんとうにたくさんの人に読まれたようです

 

わたしも、当時は感銘を受けました

そう、わたしたちは

「嫌われる」のが何より怖い

自己を否定されるのがほんとうに怖い

だから

外側に承認を求め続ける

 

外側に求めすぎるのはなぜ?

 

周囲の評価が氣になりすぎているのは

自分で自分を認められないから

自分には価値がない、と

思い込んでいるからじゃないかな?

 

社会から、外側から得た誉(ほまれ)で

わたしたちは武装しようとする

無力な、無価値な自分をなんとかしようとして

 

でも、ちょっと待って

無力だ、無価値だと決めたのは一体だれ?

それをできるのはだれ?

 

自分以外に、自分を傷つけることのできる者はいない

そして

自分以外に、自分をほんとうに愛してやることのできる者もいない

 

わたしたちが自分で決めたんじゃないかな

自分には価値がないと

自分は愛されるに値しないと

多くを手にするには十分ではないと

 

そうして、わたしたちは

スカスカ、カスカスに干からびた

瀕死の自分を維持するために

その周りを『社会的承認』という

防波堤で固めようとする

 

何も栄達を望む人だけじゃない

変な人に見られないように

誰にも攻撃されないように

小さく、縮んでいることだって

すごい防御だよね

 

自分の身を守りたいと願いながら

自分自身を虐待してる

わたしには価値がない、チカラがない

そんな信念を持っていて

リピートしつづけていたら

それはこの上ない虐待じゃないかな

 

みんなその信念に氣づかない

自分の心をカラダを、縛り付けていることに氣づかない

自分をはげしく虐待していることに氣づいてない

 

わたしたちは皆

タオのこどもだ

母なるタオはいつなんどきも

わたしたちから離れたことなんてない

 

自分をだいじにして、カラダを滋養する

なにか失敗したって

まあいいじゃないか、といたわってやろうよ

まるごと、自分を受けとめて抱きしめてやる

すると

タオをこそもっとつよく感じていられる

その「受け容れる」あり方こそ、タオそのものだから

 

するとね

「外側のなにか」で自分を守ろうとするっていう

そんな考えが

だんだん薄くなっていくんだよ

 

そんなことしなくたって

わたしたちはいつもいつも

宇宙のおかあさんとともにあるって

なんか

そんな確信で包まれるようになるんだよ

 

あそびをせむとやうまれけん

神遊りら