星の記憶の物語

リラの女神たちへ

数多ある宇宙物語の中で
リラの星は崩壊し、今はないと言われる。

それは、遥か昔に失われた星。
M57星雲が、かつてのリラ星の残骸であると言われる。

そう、確かにそうかもしれない。

ただ、物質というものは
いかようにでもつくることができる。

フィクションも
多くの意識が集まり、信じれば
ノンフィクションになる。

リラ星にかかわりのある人は
言い知れぬさびしさを抱えている。

それは
故郷を失い
あてどもなく宇宙を彷徨う旅を選んだ
そんな記憶から来るのか

あるいは
星を愛しすぎたゆえに
星とともに果てることを選んだ記憶によるものなのか

あるいは
悦びの星を殺戮の星に変えてしまった罪悪感からなのか

いずれにせよ
大切なものを失い
罪悪感と無価値観を抱えたまま生きる
彷徨い人、というのがリラ人が背負うべき運命だった。

永い永いときが流れた。

分離した世界を彷徨いながら
再び統合へと向かう
リラの意識の旅。

永い永いときが流れ
今、ここにたどり着いた。

ときは今。

リラの女神たちよ。
今こそ、内なる衝動に氣づきたまえ。

私たちは、罪など犯してはいなかった。
すべては今。

この大きな重力の星で
この重たい身体に宿りながら
無垢なる存在であることを思い出すこと。

ただそれだけ。

あらゆる知識や努力を捨てて。

あるがままに、ただ生きる。

ただそれだけでいい。

~Leela~