未来はえらべる

2022年⭐︎もともとの私たちで生きる

🌿-ゼロ-意識がひらく無限のゆたかさの扉🌿

🌸癒しの音と声のアルケミー・ラボへようこそ🌸

 

あけましておめでとうございます。

新しい年の風が吹いてくるのを強く感じます。

 

外側の世界を巡り巡ってきたここ数年でしたが

昨年は

自分の深みとつながるため

外界との関係をほとんど絶った状態でした。

 

そのおかげで

自分がほんとうに望んできたことは何だったのか

しっかりと見出すことが叶いました。

 

私はずっと辟易していました。

この世にいることに

生きることに

 

それは

『真に生きたい』という願いの裏返しの感情だったと

今では氣づいています。

 

私は、生きることに疲れていました。

喜びにあふれて

エネルギーにあふれて生きるためには

何か特別なことをしなくてはならない

何かを成し遂げなくてはならない

 

だから

外側で何かを達成しなくては

そうでなければ

喜びにあふれて生きることはできないと

 

その達成すべき山を

数十年

自分自身に課しつづけていたのですが

 

そもそも

その山は、私を滋養してくれるエネルギーなどない

不毛な山だったのです。

 

私はあまりアタマがよくないので∩^ω^∩

なにごとも

とにかく

自分で体験して確かめなくてはならなくて

 

ずっと

不毛な山を

シャカリキに登ってきた氣がします。

 

永いときが過ぎましたが

ようやく

ほんとうに求めていることに

氣づくことができました(´∀`)

 

それは、とってもシンプルなこと

 

ただ、いのち尽きるまで生きる

微笑みながら♪( ´▽`)

 

そして

その途上で現れてくる課題に対し

 

湧き上がる情動に正直になって

全身全霊で臨んでいく♪( ´▽`)

 

ならば

具体的になにをしたいの?

といえば

 

私は

声をこの世界に響かせたい

声で限界を超えつづけたい

 

私は

ゼロから湧き上がるエネルギーを

舞というカタチにしたい

 

人間とは

何歳になっても

自分がほんとうに望んだように生きられるのだ

ということを

体現したい

 

ウタと舞は

私の魂の発露

 

今、私の中で

しずかなエネルギーがふつふつと燃えています。

 

自分の中心に火がつくそのときを

私は待っています。

日々のあたりまえの暮らしの瞬間を

大切に過ごしながら

 

何氣ない

ふつうの毎日、あたりまえの行動

食事をつくる

部屋を片づける

近所の人と挨拶をかわす

 

そんな中に

温かな喜びの種が存在することを

今までの私は感じることができなかった

 

あらゆる瞬間が、おくりもの

 

今まで描いたあらゆる夢が

統合され実現に向かっていくのを感じています。

 

あらゆる瞬間が、あらゆるできごとが

私を滋養してくれると感じています。

 

ここは

私が『そういうものだ』と思っていたのとは

全く違う世界だったのです。

 

この世は

もともと温かく

やさしくできている

 

この世をむずかしく

冷たくしていたのは

私たち自身のこころ

 

これからの私たちは

こころを、感情を

超えて生きる存在です。

 

すると

すべての感情を

すべての体験を

私たちは深く味わうことができる

 

もう

逃げなくてもいい

何も怖くはない

 

私たちはもう

こころがつくり出す幻想を

見抜くことができているのだから

 

私たちを温め、拡大させていくもの

それだけが真実であり

怖れはまぼろしだったのだと

 

私たちは

拡大、発展するように

もともと

そういうふうにできているのです。

 

そして

その繁栄は

やさしさ、温かさという

土壌の上に築かれていく

 

今年はあらゆる恩寵が

私たちに降り注ぎますよ♪( ´▽`)

 

いえ

これまでもずっと降り注いでいた

それが、私たちにはみえなかった

 

受け取ることができなかった

 

もう、いいかげん

受け取りましょうね╰(*´︶`*)╯

 

握りしめたこぶしを開いて

上がった肩を落として

あなたの縮まったスペースをゆるめましょう!

 

そのスペースに

新しい光、新しい風を呼び込みましょう!

 

そして

ゆるんで満ち満ちた私たちのこころが

求めるがままに

行動させてあげましょうね!

 

すべてのいのちは輝いてる

 

神遊りら