星の記憶の物語

性愛の星、リラ

ようこそ

リラの星の記憶の物語へ

 

この地球の生命の営みに目をやれば

宇宙は、エクスタシーから生じていることがわかる。

イノチは、性の快感から生まれる。

性が快感でなければ、種の繁栄はありえない。

だが
この世界では
性の本質は貶められてしまっている。

両極の交わりは
新しい力を生み出す。

ほとばしる瑞々しいエネルギーを生み出す。

かつて私たちは
ただ、愛し合っていた。

それが、失われたリラの記憶。

出逢い、交わり
離れてはまた交わる
その繰り返しの中で
らせんエネルギーは
自在自由にあそび
大いなる創造は繰り広げられ

リラは創造力を増していった。

はじまりは
たったひとつの
ちいさなちいさな振動

ゼロから1という矛が生まれ
2という二極を生み出す。

天地は開かれ
あらゆる二対の極が拮抗し
拮抗を崩すことでエネルギーを生む

男性性と女性性の交わりは
計り知れない多大なエネルギーを生み出す

それは、子孫繁栄という
種の保存のためだけのものではない

何の動機ももたない
純粋な交わりは
描写しえないほどのエネルギーを生む。

それが
リラの星を支えたエネルギーだった。

物質的にも精神的にも
リラは、黄金時代を謳歌した。

それはすべて
私たちのエネルギーが
原初のまま
宇宙のはたらきと完全に一致した状態にあったから

純粋な想念は光

光は、想念を鏡に映し出し
何の妨害もなく、瞬時に物質化する

 

肉体を持って交わるも
エネルギー体として交わるも

あらゆるエクスタシーの手段が選択可能だった。

ただ官能の世界を生き
ただ悦びを感じる

それがリラの在り方だった。

だが常に
宇宙は進化を望む。

調和を崩すことで
変化を起こし、進化を目指す

そんなはたらきが現れ始めた。

私たちは
純粋さを失いはじめた。

性愛の行為に
うしろめたさの種を植え付け
純粋さを貶めてしまった。

それは、自らの神の質を封印することを意味する。

私たちは、神の質を忘れることで

さらなるエクスタシーを夢見た。

堕天の記憶の始まりだった。

 

〜Leela〜